茶屋町レディースクリニック本町院

茶屋町レディースクリニック本町

茶屋町レディースクリニック本町

TREATMENT診療内容

HOME > 診療内容 > 婦人科検診

MEDICAL EXAMINATION婦人科検診

女性特有の臓器である子宮・卵巣にできるがんの検診を行っております。

大阪市がん検診(子宮頸がん) 大阪市の子宮がん検診を取り扱っています。
令和元年度は「昭和の偶数年生まれ・平成の奇数年生まれ」の方が対象です。
費用は400円です。また、無料クーポン券での受診も可能です。
予約は必要ありませんので、お気軽にご受診ください。
乳がんの検診は同じビル3階『有本乳腺外科クリニック本町』で対応しております。

子宮がん検診 子宮がんには、
・子宮の頚部にできるガン(子宮頸ガン・頚部ガンともいいます)
・子宮の体部にできるガン(子宮体ガン・体部ガン・内膜ガンともいいます)があります。
*一般に住民健診や会社健診の子宮がん健診は子宮頸がんを指します。

頸癌と体癌の違い

子宮頸がん
・20歳代―30歳代女性のがんの発生率の1位になっています。
・初期には全く症状がないことがほとんどで、初期に気づくことが難しい病気です。
・症状がなくても検診を受けることで早期発見・早期治療が可能です。  

子宮体がん
・子宮の内側の生理で剥がれ落ちる部分(内膜)にできるガンです。
・初期の段階でも不正性器出血での発見されやすいガンです。
・閉経前後が好発年齢ですが、若くても起こりえます。
・細胞診だけでなく、超音波検査でも子宮内膜のチェックが可能です。 

卵巣ガン 卵巣は卵子の貯蔵庫と女性ホルモン工場の役割を果たします。
そのため、様々な種類のガンが発生し、その種類によっても症状は様々です。
また、良性と悪性(ガン)だけではなく、中間群も存在し診断が難しいガンです。

・乳がんなどの比較的皮膚表面近くに発生する場合、怪しければ、細胞(組織)は小さく採取して病理診断が可能ですが、卵巣は骨盤の真ん中近くにあるため手術を要する。
・症状が様々で、症状からだけでは推測ができない。
・画像診断上も鑑別が難しい

*MRIや腫瘍マーカー、最新超音波装置による血流測定など総合的に判断しています。

稀な婦人科ガン 卵管ガンや外陰部ガン、膣ガンなどの診断も行っています。

稀な婦人科ガン 乳がん検査は当院の3階に乳がん専門クリニック『有本乳腺外科クリニック本町』へお問い合わせください。

特に症状がないから大丈夫。 そう思ってはいませんか? 女性特有の病気は、通常の健康診断ではなかなか発見しにくものです。 特に子宮や卵巣の異常は初期段階では自覚症状が乏しいため見つかりにくく、はっきりとした症状が出る頃には、病気が進行してしまっている事もあります。 増加傾向にある婦人科系疾患の早期発見のためにも、レディースドックを受けましょう。

あなたや大切なパートナー、そして将来生まれてくる赤ちゃんのための「ブライダルチェック」はお済みですか?
ブライダルチェックとは、
結婚を控えている女性を対象にした総合健診です。
晩婚化が進んだ近年は、見た目の美しさだけではなく、健康な体で確実に子供を授かりたいという考え方が急速に広まってきています。そのための妊娠能力=妊孕性のチェックと子宮と卵巣のチェックです。

子宮・卵巣など女性性器の異常の有無
・子宮奇形・膣異常(例えば子宮が2個ある、膣が2つあるなど)
・子宮がん・卵巣腫瘍の有無
・子宮筋腫・子宮内膜症・子宮ポリープ

女性ホルモンなどホルモン異常の有無
・生理不順・卵巣年齢・子宮年齢

性感染症の有無
・HIV(エイズ)・クラミジア・淋菌・カンジタ・GBS・梅毒・B型肝炎・C型肝炎など

子宮頸がんワクチンは非常に安全なワクチンです。

子宮頸がんとは? 子宮頸がんは発ガン性を持った一部のヒトパピローマウイルス(HPV;ハイリスクHPVと呼ばれます。)に子宮の頸部が感染し、持続感染を続けるとある一定の確率でガン化するようです。持続感染していても一生ガン化しないケースもあります。
しかし、事前に区別することができないため、このハイリスクHPVの感染を防ぐことが最大のがん予防としてワクチンが開発されました。
*現在では中高生女子には「子宮頸がん等ワクチン接種緊急促進事業」に基づき公費で接種が行われています。(対象外の方は自費となります)

子宮頸がんワクチンは2種類のワクチンから自由に選択でき、「サーバリックス」と「ガーダシル」の2種類から、ご希望のワクチンを選択できます。

子宮頸ガンワクチン(HPVワクチン) まず感染しているHPVに対して追い出すことのできるワクチンの開発を試みたようですが、未だ成功せず、代わりに予防ワクチンが開発されました。

ガーダシル
まずガーダシルが開発され広く発売されました。
(ハイリスク型のHPV16と18、コンジローマの原因のHPV6と11の予防効果)

サーバリックス
次にサーバリックスはガーダシルよりも作用期間を長くするために工夫をしましたが、そのためにハイリスク型のHPV16と18に的を絞ったようです。
日本ではサーバリックスの方が臨床治験を早くクリアしたため(当院も主要医療期間として参加していました。)発売が世界とは逆のサーバリックス→ガーダシルの順になっています。
ガンワクチンとしての性能はサーバリックスの方が少し優れているように思われますが、4種類カバーすることからガーダシルの希望が多いようです。また世界的なシェアは開発会社の大きさもあって、ガーダシルが圧倒的に優位のようです。

ガーダシル サーバリックス
薬品名 組換え沈降4価ヒトパピローマウイルス様粒子ワクチン
(酵母由来)
組換え沈降2価ヒトパピローマウイルス様粒子ワクチン
(イラクサギンウワバ由来)
国際発売年 2006年6月 2009年10月
国内販売年 2011年8月 2009年12月
公費助成 2011年9月15日~ 2011年2月1日~
薬品名 組換え沈降4価ヒトパピローマウイルス様粒子ワクチン
(酵母由来)
組換え沈降2価ヒトパピローマウイルス様粒子ワクチン
(イラクサギンウワバ由来)

子宮頸がんワクチンのリスク 比較的軽度の副反応は、一定の頻度で起こることが知られています

発生頻度 ガーダシル サーバリックス
50%以上 注射部の痛み 注射部の痛み・発赤・腫れ、疲労感
10~50%未満 注射部の腫れ、紅斑 痒み、腹痛、筋痛・関節痛、頭痛 など
1~10%未満 注射部の痒み・出血・不快感、頭痛、発熱 じんま疹・めまい・発熱 など
1%未満 注射部の硬結、手足の痛み、筋肉のこわばり、腹痛・下痢 注射部の知覚異常、しびれ感、全身の脱力
頻度不明 疲労・倦怠感、失神、筋痛・関節痛、嘔吐 など 手足の痛み、失神、リンパ節の炎症 など

まれに重い副反応もあります

病気 主な症状 報告頻度
アナフィラキシー 呼吸困難、じんま疹などを症状とする重いアレルギー 約96万接種に1回
ギラン・バレー症候群 HPV16型・18型
(高リスク型)

HPV6型・11型
(低リスク型)
約430万接種に1回
急性散在性脳脊髄炎(ADEM) 頭痛、嘔吐、意識の低下などを症状とする脳などの神経の病気 約430万接種に1回
持続的な痛みを訴える重篤な副反応
「複合性局所疼痛症候群(CRPS)※」
調査中 頻度不明(調査中)

※複合性局所疼痛症候群は、銃創・骨折・捻挫などの外傷をきっかけとして生じる、原因不明の慢性の疼痛症候群です。近年、医療行為によりCRPS類似の病状を訴える方が報告されているそうです。

非常に簡潔に子宮頸がんワクチンについて解説されたコラムがありましたのでご参考までに