小川 誠司 ドクター

小川 誠司院長Seiji Ogawa

医学博士 産婦人科認定医

学歴 近畿大学医学部・大学院 医学研究科卒業
職歴 近畿大学医学部附属病院、医療法人宝生会 PL病院、医療法人小川会 小川産婦人科
専門 婦人科腫瘍、腹腔鏡、産婦人科一般
資格 医学博士、日本産科婦人科学会専門医、日本産科婦人科内視鏡学会評議員

女性の一生において、いかなる時期でも身体に関する不安や問題は存在します。
思春期、妊娠、更年期、、、、どの時期の問題に於いても気軽に相談できる、そして、その不安に寄り添えるかかりつけ医のような存在でありたいと思っています。
私は大学病院、総合病院での婦人科腫瘍、腹腔鏡手術、その後の分娩を扱う産婦人科クリニックの院長としての長年の経験をもって皆様の不安に少しでもお役に立てればと考えております。





峯 眞紀子 院長

峯 眞紀子医師Makiko Mine

医学博士 産婦人科認定医

学歴 大阪市立大学大学院医学研究科卒
職歴 大阪市立大学医学部附属病院,住友病院,聖バルナバ病院,八尾徳洲会総合病院,育和会記念病院
専門 産婦人科一般、周産期、超音波、性感染症
資格 医学博士、日本産科婦人科学会専門医、医師会認定産業医、性感染症学会認定医、大阪府医師会認定学校医

 総合病院での産婦人科医として長く勤務し、多くの患者さんの診断や治療を担当してきました。その中で「もっと早い段階で診断できていれば」と思うことが何回もあり、定期健診の必要性とくに妊娠前の検査の重要性を実感してきました。
 女性には男性にはないリズムに影響されながら生活しています。ひとつは月のリズム、排卵・月経に関係するリズムです。そしてもうひとつ、長い人生のなかで思春期から生殖器・更年期・老年期へのリズムです。その二つのリズムの源が女性ホルモンになります。この女性特有のリズムを理解し利用すること(女性のQOLを考慮した生活提案)は、より美しく・若々しく生きるための『あなたの道しるべ』になるはずです。
産婦人科はなかなか行きにくいと思われるかもしれません。しかし私たちは女性の、あなたのホームドクターとしてあなたのからだと身体の仕組みの情報を提供し、それに基づいた生活提案を行っています。 ご自身を知ることはあなたを未来は変わります。






院内紹介

当院までのアクセス

【最寄駅】御堂筋線本町駅より徒歩5分、堺筋線本町駅より徒歩8分